IT導入補助金ホームページ制作の費用を「半額」補助が受けられる「IT導入補助金」の一次公募の申請受付が、2018年6月4日(月)に締め切られます。

なんだか難しそうでよくわからなかった、申請しようとしていたけど手が止まってしまっている、そんな人のために情報をまとめました。

 

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

(IT導入補助金公式サイトより)

 

IT導入補助金 事業スケジュール

  • 一次公募 2018年4月20日(金)~2018年6月4日(月)
  • 二次公募 2018年6月中旬~2018年8月上旬<予定>
  • 三次公募 2018年8月中旬~2018年10月上旬<予定>

 

IT導入補助金を受けることができる人(=補助事業者)

申請要件として、補助対象者は、次のすべての要件に該当する必要があります。ざっくりあげておきますので、詳しくは公募要領を参照してください。
(1)中小企業・小規模事業者等。
(2)日本国内で事業を行う個人又は法人。
(3)「風俗営業」「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」でないもの。
(4)反社会的勢力との関係を有しないこと。
(5)補助事業の実施による3年後、4年後、5年後の伸び率の計画。
(6)「SECURITY ACTION」の「★ 一つ星」または「★★ 二つ星」いずれかの宣言。
(7)IT導入支援事業者を含む“第三者”による総括的な確認
(8)IT導入支援事業者を通じた事務局への報告。
(9)統計的な公表についての同意。
(10)補助金等指定停止措置または指名停止措置がないこと。
(11)IT導入支援事業者でないこと。

 

IT導入補助金申請手続きをするには

IT導入支援事業者に相談する

IT導入支援事業者検索で、IT導入補助金を取り扱えるIT支援事業者を探します。

なお、法人名・幹事社名に「Wix」と入れて検索いただくと、私の所属する「一般社団法人日本WIX振興プロジェクト」が出てきます。「コンソーシアム構成員」をクリックすると、東京・群馬・静岡・大阪・熊本・長崎・大分にIT導入補助金を扱える者がいますので、メールや電話で問い合わせすることができます。

時間もあまりないので、IT導入補助金の申請の可否や、ITツールの選択は、相談して判断してもらいましょう。

 

申請に必要な「経営診断」、「SECURITY ACTION」の宣言、「おもてなし規格認証2018」の取得

IT導入補助金の申請には、「経営診断」、「SECURITY ACTION」の宣言が必須です。先にやっておいても構いません。また、おもてなし規格認証も取得しておくと加点になり有利です。やらない手はありません。すぐできますので、サッとやってしまいましょう。

「経営診断」を実施する

経営診断ツールを使って、結果のPDFをダウンロードします。このとき発行される「診断結果ID」がIT導入補助金の申請に必要ですので、忘れないように控えておきましょう。なお、入力した内容は、後ほど申請の際に修正することができます。

決算書や収支内訳書、確定申告書等をもとに入力します。従業員数・労働時間 ・決算月 ・前期売上高 ・営業利益 ・売上高 ・資本金 の項目は必ず入力が必要です。

一度も決算を迎えていない場合は、開業時の事業計画を流用するか2018年4月~2019年3月までの1年間ITツールを導入せずに事業を実施したと想定し、数値を入力します。(詳しくはガイドを参照

⇒ 経営診断ツール

⇒ 経営診断ツール操作ガイド


 

「SECURITY ACTION」の宣言

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施するSECURITY ACTIONの宣言も、IT導入補助金の要件となっています。以下のページで宣言を行い、発行された「アカウントID」がIT導入補助金の申請に必要です。

⇒ SECURITY ACTION

 

「おもてなし規格認証2018」の取得

必須ではありませんが、加点になりますので、取得しておくことをお勧めします。

なお、昨年の「おもてなし規格認証2017(紅)」の認証取得は評価されないため、新たに取得する必要があります。

⇒ おもてなし規格認証2018

 

交付申請を行う

IT導入支援事業者から『申請マイページ』の招待をしてもらい、必要事項の入力を行います。

申請マイページ の開設と交付申請について、動画が公開されていますので、見ておくと安心して手続きができます。

⇒ 動画で見るIT導入補助金 各種画面・機能の操作方法

 

IT導入補助金の注意事項

交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。また、かかる費用はいったん全額を一括で支払う必要があります。振り込みをした通帳のコピーの提示が必要になることもありますので、くれぐれもご注意ください。

また、既存のホームページの手直しや機能追加にIT補助金は使えません。新規またはフルリニューアルのホームページ制作に適用されます。

 

IT導入補助金関連の資料やリンクはこちら

交付規程(PDF)
公募要領(PDF)
交付申請の手引き(PDF) ★これは読んでおきましょう
ITツールについて~交付申請における考え方~(PDF)
経営診断ツール
IT導入支援事業者検索
ITツール選定ナビ
SECURITY ACTION

日本WIx振興プロジェクト IT導入補助金
日本WIx振興プロジェクト IT導入補助金