こんにちは。日向 凛です。

ネットショップをやっていると、どうしても
あちこちのショッピングモールからお誘いのメールや電話をもらうことが増えてきます。

棒グラフ 折れ線グラフ 右肩上がりの数値

楽天・Yahoo!ショッピング・Amazon・ビッダーズ…
「初めの半年はお安くしておきますので!」なんて勧誘してくることも。

もちろん、決して悪いことではありません。
お客様が自分のお店に足を運んでくる窓口を増やせば
いろんな経路で来店してくれることになります。

しかし!

当然のことながら、Webサイトが増えれば管理する手間と費用も増えるわけで
結局は費用対効果を考えなくてはならないということになります。

 

※先に言っておきますが、何と言っても私は自社サイト派。
ショッピングモールに出さなくても、SEOでしっかり上位表示させることができれば
自社サイトのみで十分だと考えています。

 

私が一番最初に作ったネットショップは、何のソフトも使わず
Windowsにインストールされている「メモ帳」テキストエディタで作った自作のホームページに
PHPで作られた簡単なショッピングカートを設置
した、簡単なWebサイト。

お客様の注文は、私のパソコンにメールで送られてきて
それに対して、支払方法ご案内のメールを返信するといった、きわめて原始的な方法。

自動返信メールのシステムではなかったため、
半年ほどしてIS03用のスマホケースが爆発的に売れて月商100万円を超えたとき
メール対応だけで2、3日かかるといった事態になったことも^^;

しかしこの頃、ネットショップを始めることによって増えた経費は
代引き手数料や運賃程度ぐらいのものでした。

電卓 キーボード メモ帳

 

しかしその後、大手ショッピングモールにもお店を出すようになって
一気に経費が増大。

基本的にかかる月額料金
売り上げに応じて支払うシステム利用料
カード決済の手数料

お客様に付与するポイント
アフィリエイト経由での売り上げに対してもいくらか負担がかかります。

そしてなんと、CSVで商品一括登録(月額10,000円)をしたり
売り上げデータをCSVでダウンロード(月額1,000円~)したりするのにも
費用が発生しました。

 

ですので、ショッピングモールへの出店を考えるときは
こういった費用がかかるということと

他にもネットショップを運営している場合は
何らかのシステムで在庫や受注を一括管理
する必要も出てくるかもしれないということ。

このあたりをしっかり考慮して
出店されるのが良いかと思います。

 

「ちょっとやってみて、ダメなら辞めればいいや」
なんて考えると結構立変な目にあうかもしれませんよ~

なぜなら、一部のショッピングモールでは
お客様のメールアドレスが店舗には一切わからない仕組みになっているものもあり
そのショッピングモールを辞めてしまうと、お客様にはメールを送ることができなくなり

つまり、せっかくの顧客名簿、メールアドレスのリストを失ってしまう、ということ。
住所と名前はわかりますから、ダイレクトメールを出すという手はありますが…

私自身、そのショッピングモールを退店するとき
スタッフに全ての受注明細を印刷してファイルに残してもらいました。
それくらい、顧客情報を失うということは大変なことなのですよね。

 

「自社サイトだけしかないから、なんだか不安」
なんて思わなくても全然大丈夫です。

あれこれ手を出すよりも

自社のホームページを育てることに注力して
大きなWebサイトにしてしまったほうがSEO的にも強力ですし、

何よりもお客様にとっては、あちこち迷わず
一つのお店で買い物できるほうがいいに違いないと思っていますから^^