ポータブルハードディスク

昨夜、iPhoneアプリを作っていた夫が突然、「プロジェクトが壊れた」と言い出しました。どうやら、編集する箇所を間違えて、元に戻せなくなった様子。

しかし奇跡的にも、前日に届いた、新しい外付けHDD(ハードディスク)に、Macの Time Machine 機能を使ってバックアップデータを取っており、パソコンを一日前の状態に復元することで、無事復旧することができました。

iPhoneアプリをつくっている Xcode って、すごく難しいので、またイチから作り直しとかになると、相当厳しいんですよね…もし、バックアップを取っていなかったらと思うと、ゾッとします。

ありがとう!ほんまにありがとう。Time Machine。

 

MacのTime Machine とは?

Macの Time Machine とは、自動で定期的に、パソコン丸ごとのバックアップを取ってくれる機能で、パソコンに不具合が出たときに、以前の状態に戻すことができるというものです。

一度設定すると、次回からは外付けHDDをつないだときにバックアップを取ってくれます。夫が昨日助かったのも、これのおかげ。

私が今、Time Machine に使っているのは、LaCieの500GB ポータブルハードディスク。小型で、パソコンにさすだけで起動してくれますので、とても楽です。

 

Windowsにも近いものがあるようです

そうなると、Windowsではどうなんだろうと調べてみると、似たような機能があるようです。しかし、使うパソコンやOSによっても違うと思うので、このあたりは要確認です…

>> ファイルをバックアップする – Windows ヘルプ

 

手作業でもいいので、大事なデータはコピーして保存を!

自動バックアップとか、わからない…という人は、思い出の写真だけでも、どこか外部メディアに残しておくと安心です。

私はこの週末、パソコンデータを整理してて分かったのですが、本当に失くしたくないと思ったのは家族の写真でした。それ以外は、まあ、困るけれども…といったレベル。

撮った写真を、しっかりしていそうな外付けHDDに集めて保管し、さらにDVDにバックアップ。これで大丈夫でしょう。

カメラやiPhoneに入れっぱなしはNG!いつデータ消えるか分かりませんからね。