こんにちは。日向 凛です。

先日、ある空手大会を見に行ってきました。

白血病と戦っている8歳の男の子のチャリティも兼ねた大会だったのですが
司会はなんと、あのフリーアナウンサー、梅田 淳さん!

プロベスパグローブ空手大会

空手大会には、小学一年生から中学生までの
たくさんの子ども達が参加しましたが

表彰式では名前を読むのに随分苦労されていました。
どうも、最近はやりの「キラキラネーム」の読みがわからず困っておられるご様子。

「キラキラネーム」とは、漢字を当て字的に用いられた、読みづらい名前のことで
「病院の窓口などで読めない」「患者の取り違えになる」と話題にもなっていますね。

でも、さすがは梅田さん。
「次回は選手のお名前を前もってチェックして、表彰式で読めるようにしておきます!」

「当て字なんだから読めるはずがない」
「読めなかったら、その場で聞けばいい」
「仕方がない」

で済ませることのない、アナウンサーとしてのプロ意識!素敵でした。

そうしてたくさんの難読ネームに慣れていけば
もしかしたらどんなキラキラネームも読めるようになるかもしれません(笑)

努力するかしないか。後々に大きく変わってくるんですよね。