イベントで撮った多数の写真をFacebookに公開すると、自動で友達の名前がタグ付けされることがあります。便利なようですが実は、トラブルもあります。

たとえば、「参加していないイベントにタグ付けされて、困っている。いちいち削除しなくてはならないので迷惑だ」といった事例がそうです。

 

「自分のアカウントは自分で守る」が鉄則

SNSを利用するにあたり、自分のアカウントは自分で守るのが大原則。

Facebookでは、タグ付けそのものを避けることはできません。しかし、自動認識でタグ付けされたり、知らない間に自分のタイムラインに表示されたりすることは、防げます。すぐに以下の設定を行いましょう。

 

自動認識でのタグ付けを防ぐ方法

「設定」⇒「タイムラインとタグ付け」⇒「あなただと思われる写真がアップロードされたときにタグ付けの提案が表示される人」を「非公開」にする

Facebook タイムラインとタグ付け設定

知らない間に自分のタイムラインにタグ付けされた写真が表示されるのを防ぐ方法

「設定」⇒「タイムラインとタグ付け」⇒「自分がタグ付けされた投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」を「オン」にする

Facebook タイムラインとタグ付け設定

 

間違ってタグ付けされた場合は早めに拒否・削除する

Facebookのシステムは学習しています。間違ったタグ付けを長い間放置すると、Facebookはそれが正しいと認識してしまい、どんどん間違ったタグ付けが増えてしまいます。

推奨タグ

(質問)
Facebookは、写真の人物が私だと認識し、友達に私をタグ付けするよう提案するために、どのような情報を使用するのですか。

(回答)
新たにアップロードされた写真の人物が、以前Facebookでタグ付けされた人であると認識するには、2種類の情報が必要です。必要な情報の種類:

  • あなたがタグ付けされた写真に関する情報。ある写真にあなたがタグ付けされた場合や、あなたがその写真を自分のプロフィール写真に設定した場合、そのタグがあなたのアカウントに関連付けられ、タグ付けされた写真に共通するものが比較され、その比較結果のサマリーが保存されます。Facebookで一度も写真にタグ付けされたことがない場合、またはFacebook上のあなたが写っているすべての写真であなた自身のタグを削除していた場合、このサマリー情報は保存されません。
  • 新しい写真とあなたがタグ付けされた写真に関する保存された情報の比較。Facebookは、友達の写真をスキャンして、あなたのプロフィールの写真やタグ付けされているその他の写真から収集した情報と比較することにより、友達に写真のタグ付けを提案することができます。この機能が有効になっている場合、[タイムラインとタグ付け]設定で、他の利用者にタグ付け候補として自分の名前が表示されないように設定できます。写真のタグ付けの詳細はこちらをご覧ください。

Facebookヘルプページより

一度間違った写真にタグ付けされると、アカウントと関連付いて、それ以降似た写真があると自動認識でタグが付いてしまうということになります。

また、自動でタグが付くということは、お友達関係であることが多いと思います。であれば、間違ったタグを見つけたらすぐに一声かけて削除しましょう。

ささいなことと思う人もいるかもしれません。しかし、毎回毎回間違ったタグ付けされて、参加もしてないイベントにどうして自分がタグ削除しに行かなくてはならないのか。そんなイライラも積もり積もれば、大きな怒りになります。

ドカンと文句を言ってしまって、人間関係壊してからでは遅いです。ましてや、全然関係ない人間に八つ当たりしてしまったらどうでしょうか。

#すぐやる これ大事です。

 

写真をアップする側も、参加していない人のタグが付いていないか注意する

「人数が多いから」を理由にしていると、思わぬトラブルにつながります。

また、いつもシェアしている友達だから大丈夫、と思っていても、「実は公開されたくなかった」と後でわかり、大問題になることもありえます。

他人の写真をアップする際は、肖像権・プライバシー権・タグ付けなど、十分注意しましょう。