アメブロの引っ越しやバックアップを考えているひとは、急いだほうがいいかも。

ブログの移行に使われることの多いFC2のサービスに変更があったようで、アカウント登録後一週間は、ブログ記事のバックアップ(エクスポート)ができなくなったそうです。

FC2登録後一週間エクスポート不可

 

アメブロ引っ越しの「ハブ」として重宝していたFC2

Amebaブログ(アメブロ)は、ユーザも多く人気の高いブログサービスなのですが、自由がきかなかったり、サービス停止などで突然ブログが消失する心配もあることから、アメブロのデータをバックアップして保存したい、あるいは他のブログサービスに引っ越したいと考えるユーザも多くいます。

しかし、アメブロには、ブログのデータをエクスポートして書き出す機能はありませんでした。

ところが、アメブロをFC2に引っ越しさせることは簡単にできます。そしてさらにFC2はブログのデータをエクスポートして書き出すこともできます。

ということは、FC2を間にはさんで「ハブ」にすることで、「アメブロ→FC2→他のブログ」と、アメブロのブログデータをエクスポートしてバックアップとして保存したり、さらに他のブログサービスにインポートして引っ越しさせることができるということなのです。

>> Amebaブログ(アメブロ)をWordPressに引っ越し!一日で検索エンジンにインデックスさせた方法

 

FC2登録してすぐのブログデータエクスポートができなくなった

大変便利でありがたいFC2のブログお引越しツール。しかし、いつも使うときは少し心が痛んだものです。

アメブロの引っ越しのために、ほんのいっときだけアカウント作って、アメブロの引っ越しが終わったらすぐにサヨナラするなんて…

もしかすると、いつかはこのサービスが使えなくなるのではと心配していたら、案の定。

私のブログ記事を見て、ブログの引っ越しをしようとしていたお友達から「FC2登録後1週間以内はバックアップできないようです。今、ここでストップ中」とのメッセージが。

完全に使えなくなったわけではありませんが、一週間はブログデータのエクスポートができないということですので、急ぐ人は、前もってFC2のアカウントを作っておいたほうがいいのかもしれません。

 

やはりWordPressブログがいちばん良いのか?

どのWebサービスも、ユーザが他のサービスに流れるのは防ぎたいもの。こういった制限がかかるようになるのも、やむを得ないことです。

アメブロが記事のバックアップサービスを行っていないのも、他のブログサービスに移行されたくないからでしょう。楽天市場やAmazonにお店を出しても、顧客のメールアドレスを教えてもらえないのも同様でしょうね。

そうなると、やはり自分のホームページにブログ(WordPressなど)を設置して、独自ドメインで運用するのが、もっとも自由で、何の制限もなく使える方法なのかなと考えてしまいますね。

しかし、WordPressにも注意点はあります。

今もっともサイバー攻撃にあいやすいWebサービスのひとつであるため、放置することは厳禁。最低でも月に1回はログインして、更新の必要なプログラムを最新に保つ必要があります。不安な人は、WordPressにくわしい専門家に相談・任せるのが安心です。

 

自分でできるバックアップ方法は?

ブログの文章であれば、コピーしてテキストファイル(メモ帳などのテキストエディタ)に保存しておくだけでも良いと思います。

Macであれば、SiteSuckerというソフトで、サイト丸ごと保存できるのですが、あいにくアメブロはうまくいきませんでした。

今後に備えて、何か良いバックアップ方法をリサーチしておきたいと考えています。見つかりましたら、また記事にしますね!