Instagramで、「いいね!」と同時にフォローしてもらえることは、別に珍しいことではありません。しかし、中にはアダルトサイトへ誘導しようと仕掛けてきている「偽プロフィール(アカウント)」があるそうです。セキュリティソフトでおなじみの、Symantec(シマンテック)の公式ブログからの情報です。

 

偽プロフィールの特徴 3パターン

※画像はSymantec公式ブログから引用しております。

投稿がない

Instagram スパム

アバターには不正に入手した写真が使われ、自己紹介欄にはURLが貼られています。写真の投稿はありません。

 

自己紹介欄にいかがわしい文言

Instagram スパム

アバターには不正に入手した写真が使われ、自己紹介欄には誘い文句とURLが書かれています。投稿写真は不正に入手したものが使われています。

 

タイル状に分割された投稿写真

Instagram スパム

タイル状に投稿写真が配置され、写真をタップすると、別のプロフィールページに飛ぶパターン。とんだ先にアダルトサイトへのURLが貼られています。

 

Instagram スパムとして報告を

ハッシュタグをつけていれば、見知らぬ人から「いいね!」がつくことは十分にありますね。

しかし、相手のプロフィールを見て、何やら誘い文句が書いてあったり、あおるような文言が書かれてあったり、不審さを感じた場合はそれ以上閲覧するのをやめたほうがいいでしょう。

それがもし、他人のプロフィールから写真を盗用している偽アカウントであれば、スパムとして報告するといいですね。

>>不適切な投稿やプロフィール、スパム行為を報告するにはどうすればよいですか。
Instagramは、気に入った写真を眺めて楽しみたいのに、こういう使い方をされるとうんざりです。

知恵がまわるのはご立派なのですが、錯誤させて収益を上げようなどとは迷惑千万。厳しく対処されて欲しいものです。