インターネット通販 ネットショップ

 

ネットショップを始めるには、大きく分けて二つの方法があります。ひとつは、楽天やAmazonなどのショッピングモールに出店する方法。もうひとつは、自社サイトにネットショップ機能を付ける方法。

ネットショップは、カート機能を使うため、その仕様上どうしても費用は高くつきます。制作を依頼したら、50万100万のレベル。しかし一方で、無料あるいはローコストでネットショップを作成する方法もあります。

 

無料でネットショップを作るには

FC2、BASE、Stores.jpなどのWebサービスを使います。くわしくは、こちらの書籍にまとめてあります。一昨年出版した、私の3冊目のホームページ本です。よろしければお求めください。

⇒ はじめての無料ネットショップ作り (BASIC MASTER SERIES)
とにかく費用をかけずにはじめたい、なんでもいいのでカートを使って、ネットも商品を販売したい、という場合によいでしょう。ただし、それなりの労力と時間は費やさなくてはなりませんし、思った通りの機能が実装できるとは限りません。

 

私の場合、一番最初は、HTMLで自社サイトを作成し、そこに無料で配布されているCGIのカートを設置してインターネット通販を始めました。自動返信メールの機能がなかったので、受注メールや発送メールはひとつひとつ手作業での返信です。

予約受注が何十件にもなった日は、メール返信だけで3日かかりました。記入漏れの確認の手間も大変だったので、この頃にカート機能のあるホームページへのリニューアルを検討しました。

 

モール出店のメリット・デメリット

楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonなどのモールに出店した場合、購買意欲の高い顧客がすでにそこにいます。しかし、自社ブランドや店名を認知してもらうのが難しくなります。あくまでも「モールの一部」。そして費用もかかります。

また、楽天市場とAmazonは、顧客のメールアドレスを得ることができません。ですので、顧客が増えた頃に退店しようとすると、既存客にメールで連絡をとれなくなるので、大変困ることになります。

また、独自ドメインも使えません。

 

自社サイトにネットショップ機能をつけるには

カラーミー、おちゃのこネット、まめまめネットなどを使うと、普通のホームページやブログにソースを貼り付けてカートを実装することができます。ホームページを作成するテンプレートもあるので、比較的初心者でも利用可能です。

しかし、商品点数が多い場合や、すでに売上の実績があるなどして取引が多くなりそう場合は、十分な機能を備えたネットショップを作成する必要があります。この場合、Eストアーやフューチャーショップがおすすめ。売上に対する手数料を支払う必要もなく、独自ドメインも使えます。

 

後悔しないネットショップを作成するためには

そのネットショップで実現したいことを明確にしておくことが必要です。

とりあえず売れたらいいと思いがちですが、あとから機能を追加したくでも、実装が不可能であれば、リニューアルするしか方法がありません。

特に、無料あるいはローコストで利用できるネットショップサービスは、地域別の送料設定ができなかったりします。また、会員やポイントなどの機能もないことが多いです。

 

小さくスタートして、売れてきたらしっかりしたネットショップにリニューアルする、という想定をしておくと、あとから後悔が少なくなります。

また、長くつづけていく予定であれば、最初からきちんとしたネットショップを作成しておくのが安全です。

ネットショップの制作は工数が多いため費用がかかりますが、ちょうど今年、またIT導入補助金が公募されます。私のところでも補助金を利用した制作が可能ですので、希望の方はお申し出ください。

⇒ お問い合わせ・ご相談はこちら