Internet Explorer

こんにちは!Webクリエイター 日向 凛です。

内閣サイバーセキュリティセンター、2月6日の記事に、「自宅のパソコンから写真販売サイトを利用しようとしたところ、IE(Internet Explorer)でのみ、決済が完了できずにエラーになる」という事例が掲載されていました。

FirefoxやGoogleChromeでは問題なく決済を完了できるとのことで、なぜIEだけにこのような現象が発生したのでしょうか。

原因はIEの設定によるものでした

実は昨年の10月に、インターネットで使われる暗号化技術「SSL3.0」というものに、セキュリティ上の重大な欠陥があることがわかりました。

暗号化されたページというのは、たとえば決済画面などの、個人情報を扱うページ。セキュリティに配慮した「https://」というアドレスになっている、あれです。

この「https://」のページに使われていた、「SSL3.0」という技術がセキュリティ上危ないということで、「TLS」という暗号化技術を使うようになったのです。

ところが、一部のIEの設定が、初期設定では「TLS」にチェックが入っておらず、何も知らない人は使うことができない状態になっているのだとか!

初めから「TLS」が使える設定であれば、「TLS」に変更された後でも困ることなく、「https://」のページを使うことができたんでしょうね。

特に、Vistaのかた!どうやら初期設定で「TLS」にチェックが入っていないことがあるようです。

Vista「TLS」設定方法

1. IEを起動して、右上の歯車マークをクリック
2.「インターネット オプション」をクリック
3.「TLS 1.0」を使用するにチェック
4.「適用」をクリック

以上で完了です。

もし、ネットショップのカート画面でエラーになったり、FacebookやTwitterなどの「https://」を使うページが表示されない場合は、この手順を一度おためしくださいね。

【参考記事】
FacebookやTwitterがIE経由で繋がらない原因と対処法 – 道すがら講堂

Amebaママコラムより転載
[記事URL]http://blog.mamas.ameba.jp/column/22945