クレジットカード情報

こんにちは!Webクリエイター 日向 凛です。

楽天市場が、2015年2月10日以降「楽天市場」をかたるWebサイトやメールが多数確認されていると発表しています。

うっかりクリックしてしまうと、偽サイトに誘導され、個人情報が盗まれてしまうとのことです。

 

楽天市場の偽サイト・偽メールの特徴は?

①偽サイトは、画像やデザインを真似てはいますが、URLが正規のものとは全く異なります
本物の楽天市場のURLは、
http://www.rakuten.co.jp/
http://www.rakuten.co.jp/shop名/
http://www.rakuten.ne.jp/shop名/
http://www.rakuten.co.jp/gold/shop名/
http://www.rakuten.ne.jp/gold/shop名/

※一部「rakuten.co.jp.3s3s.org/」というのもあるようです。

これ以外なら偽サイト!利用しないようにしましょう。
>>偽サイトURL一覧

②偽サイトでは、クレジットカード情報入力画面で「セキュリティコード」を入力させようとします。本物の楽天市場のクレジットカード情報入力欄では、セキュリティコードの入力は必要ありません。

③偽メールには、「invoice_10_02_2015.rtf」などといったrtf形式の添付ファイルがついていることがあります。クリックすると、悪質なプログラムがパソコンにダウンロードされ、偽サイトに誘導されてしまいます。

偽メールの差出人は「myinfo@rakuten.co.jp」などとなっていることがあります。
メールアドレスは偽装できます。また、楽天市場は、このメールアドレスから、注文に関するメールを送ることはないとのことです。

 

うっかり騙されて、個人情報を入力したりしないようにしましょう。

>>楽天を偽装したサイト等にご注意ください(2015年2月18日 更新)

 

Amebaママコラムより転載
[記事URL]http://blog.mamas.ameba.jp/column/23034