SNS炎上 誹謗中傷に悲しむ女性

Twitter匿名アカウント、実は個人を特定できるってご存知でしたでしょうか。

そしてさらに、そのTwitter匿名アカウントで誰かを誹謗中傷、悪口を書いて嫌がらせをした場合は、名誉毀損などで訴えられることもあり得るようです。

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう:法務省

インターネット上に人の悪口を書くと何が起きるか

個人ブログでは、なかなか目につくことは少ないとは思いますが、SNS上に人の悪口を書いた場合、その投稿はいやおうなしに誰かの目にとまります。タイムラインに流れていきますからね。

人ってこういうネガティブな投稿には反応するもので、その投稿を見た人は「ものすごく不快」に思うか、「激しく共感」するか、いずれにしても「こいつ誰」と、悪口を書いた投稿者が注目されることになります。

「いやいや、匿名にしているからバレない。大丈夫!」と思いますか?

実は、インターネット上に何か書き込みをすれば、IPアドレスなど、色んな形で足跡が残ります。

悪口を書かれた人が法的措置に出れば、Webサービス運営側やインターネットサービスプロバイダ・レンタルサーバ側も、情報提供をしなくてはなりません。

そうなると、個人特定ができてしまうということになります。

 

匿名アカウントならバレない?

いくらTwitterアカウントが匿名でも、登録した際の情報や投稿内容によっては、他のSNSと同一人物であることが判明することがあります。もし、そのSNSが実名登録だったら?匿名アカウントの正体がバレてしまいますよね。

 

あと最近では、SNSも高機能になったことから、何かしらの情報を関連づけして、「知り合いですか?」と言わんばかりにつながりをすすめてくることがあります。

誰かの悪口を書くということは、その誰かに猛烈に興味があるわけですから、あれこれ調べて回ることかと思います。

そんな誰かのことを執拗にアクセスしていると、SNSのシステムが「ああ、この人はその誰かさんに興味があるんだ。お友達としてすすめてあげよう!」なんて余計なお世話を焼いてくれるかもしれません。

そうやって、その誰かの目に匿名アカウントが目にとまり、結果としてバレてしまうことだってあるかもしれないのです。

 

個人特定されるとどうなるの?

最終的には法的責任を負わなくてはならなくなるかもしれません

悪口を書いたことで、相手に迷惑や被害が及んだ場合は、名誉毀損偽計業務妨害など、罪に問われることになります。刑法に規定されている、犯罪になってしまうんですね。

 

削除すればいいのでは?

いったんインターネット上に投稿した書き込みは、完全に削除することは大変難しいです。それを誰かがRT・シェアして拡散されてしまっていては手遅れです。

また、削除してもしばらくは、インターネット上に残ることもあります。

あるいは誰かが、その投稿をキャプチャして、画像に残しているかもしれません。また、インターネット上に存在していた過去のページを残すWebサービスだってあります。

残念ながら、いったん投稿した人の悪口は、完全に削除することは難しいのです。

 

結局何もかも失う

誰かをうらやみ、嫉妬して、その人の悪口を書いたところで、何もメリットないですね。「イタい」人というレッテルを貼られるに過ぎません。

 

そんな「イタい人」とは、誰もつき合いたくないでしょうから、ジワジワ人が離れていくかもしれませんね。

お仕事も来なくなるかもしれません。誰からも選んでもらえない人になってしまいます。

で、選んでもらえない、構ってもらえないから、また他の人を嫉妬する?

 

「いいの!自滅してでも誰かの悪口を書きたいの!」という人以外は、インターネット上に他人の悪口を書くことは決してしないようにしましょう。

 

>> 「弁護士ドットコム:ツイッターの投稿者特定に道が開けた」 裁判所の「情報開示命令」得た弁護士に聞く

>> 法務省:インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

>> ネットいじめや投稿炎上を防げ、グリーが子供向け啓発ゲーム