いくらなんでもこれ、SEO目的?これじゃあただのスパム…偶然、妙なWebページを見つけたので、紹介したいと思います。

秋のこの時期、進路に悩む高校三年生は、どんな検索ワードで検索しているのかなと、ふと気になり、「大阪 デザイン 専門学校」とGoogleの検索窓に入力してみたところ…

 

「大阪 デザイン 専門学校」で検索した時に出てくるサイトをヒントに、大阪にあるデザイン専門学校はどれ

 

目についたのが、二行にもわたる妙な検索候補。なんだこれ!

「大阪 デザイン 専門学校」で検索した時に出てくるサイトをヒントに、大阪にあるデザイン専門学校はどれ

…って!まず文章の意味がよくわかりません。これは気になる!と言うわけでクリックしてみると…

 

大阪 デザイン 専門学校」で検索した時に出てくるサイトをヒントに、大阪にあるデザイン専門学校はどれ

ひゃああ!すべて同じようなタイトルで一ページ目が埋め尽くされています。そのうちのひとつのページを開いてみると…

 

「大阪 デザイン 専門学校」で検索した時に出てくるサイトをヒントに、大阪にあるデザイン専門学校はどれ?

 

もう(笑)何なんですか。何のクイズですか。

専門学校の名前が4つ選択肢としてあげられていて、そのうちひとつの学校名が正解としてURLと一緒に書かれていました。でもこのURL、リンクが貼られていません。被リンクの効果もなし。ただ、書かれてあるだけ。謎です…

 

この専門学校の名誉のために学校名の一部を伏せていますが、SEO施策の一環としてされたことなのでしょうか。これはスパム行為にあたりますが、まさしく私をクリックさせることには成功しましたね

あと、この赤字で書かれている専門学校の名前も、サイト訪問者である私にインプットさせることに成功しました。ただし、決していい印象ではありませんが。

 

OSCDブランド創造学科では正当派SEOをお教えしています

大阪総合デザイン専門学校 ブランド創造学科の私の講義では、スパム行為は推奨していません

学年始まって早々に、インターネットリテラシーやSEOのお話で、学生を怖がらせてしまいましたが(汗)、シンプルかつ正当なSEOの手法のみお教えしています。

Web屋になるわけではないのですから、Webを扱うための最低限のことを正しく理解していればいいと、私は考えています。

また、将来クリエイターとして活躍するためには、自信の作品をブランディングして、たくさんの人に愛用してもらうための手法と、著作権など権利を守るための法律についても知っておかなくてはなりません。そのため、専門分野に特化した講師の先生方がそろっています。

 

綺麗なデザインができるだけでは、厳しい世の中になってきました。

クリエイターのタマゴである学生の皆さんには、Webのこと・EC(ネットショップ)のこと・法律のことまで勉強して、卒業後がっつり活躍してほしいものです!

 

ちなみにこちらは、大阪総合デザイン専門学校 ブランド創造学科と、株式会社日清精工さんとの、産学連携により企画開発されたiPhoneケース。私、ただいま右端のiPhoneケースを装着中です♪

大阪総合デザイン専門学校 日清精工 産学連携 iPhoneケース

大阪府が推進しているネットショップ「大阪いいもん・うまいもん市」にも掲載、販売されています。

自分たちのデザインが形になって、世の中に出て…しかも大阪府のオフィシャルサイトで販売されるって、こんな嬉しいことはありませんよね!

大阪総合デザイン専門学校 日清精工 産学連携 iPhoneケース

大阪総合デザイン専門学校 日清精工 産学連携 iPhoneケース